2010年10月24日

第八話 出会い、そして音楽性の探求へ。

おはよー!マサヤっす。


久しぶりの更新になってしましましたー!!!!(←怠け癖あり)







前回このシリーズを書いたのは3週間も前!(←ダメダメじゃん!)

ということで覚えていないと思うので、こちらを読み返してから続きをどぞー!!



前回のあらすじ






テネシアンに出会ってしばらくすると、このブランキーの初期の音楽性に影響を与えているのは何ぞや?と思うようになって。

ロカビリーなのかなぁ?なんて思いつつもストレイキャッツを聞いたりしてですね。





Stray+Cats.jpg







ていうか、その当時の俺はロカビリー=ストレイキャッツみたいな浅い知識だったわけだけども。

「それしか知らない」

まさにそんな感じで。



そんなおりに、廃刊になってしまったけれど俺にとって度々人生を変える出会いを果たした雑誌「DOLL」にて、たまたま載っていたビリー系に精通していそうな人に連絡を取ってみることにしたのです!(今思えば積極的!笑)

載っていた番号に電話して、会う日を決めて・・・待ち合わせをしたんですが、これが思いのほか緊張してね(笑)学生時代の恋人との初デートより余裕で緊張しましたね(笑)相手は男の人なのに。


待ち合わせ当日。


待ち合わせ場所で待っているとスラッとした若干リーゼント気味な先輩が!



「おぉ・・・・まさに、これから俺はビリー系の門を叩くのだなぁ」


なんて考えたりもして。挨拶を済ませ・・・・・あれ?そのあとどうしたっけなぁ?それまでが緊張していたからその後を何も覚えていない!(笑)



というわけで・・・・中略がく〜(落胆した顔)




で、この人が本当にイイ人で。


何も知らない俺にいろいろと教えてくれて。ピュアロカからネオロカ、サイコまで。




e64f20ed.jpg





この方の素晴らしいところは、パンクをほぼリアルタイム!?で経由してのロカビリーだったということ。考えがしっかりしていたし、頭が柔らかかったんですね。



ロカビリーというものに触れたマサヤ少年の次なる行動は・・・・。




つづく





注:文中にてストレイキャッツを批判しているわけではありません。ストレイキャッツは偉大です。色々と知った今でもキャッチーさ、ビリー度・・・etc、全てにおいて最高峰のバンドだと思っています。



posted by MASAYA at 05:56| 東京 ☀| 使用機材、音楽観などちょっと真面目なお話 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。