2010年09月13日

第三話 ポコポコ!?

こんばんわー、まさやです。


毎日更新しようと思ってたのに・・・ルーズですね、わたしってば。

話を戻しましょう。








先日紹介した曲「Airegin」はソニーロリンズの曲で反対から読むと「Nigeria」です。何かの文献に、この曲は「ナイジェリア賛歌」って書いてあったけど、また別の何かには「単に逆さまに読むのが流行ってたからでしょう」って書いてあった。

(逆さ読みとは・・・「ビール」を「ルービー」みたいな。昔のバンドマンはよく使ってた今では死語な感じの。)



そんなこんなでウェスを皮切りに他のジャズギタリストの作品も探すようになって。


そんなある日、「都会的なブルースフィーリング」という言葉に惹かれ買ったのがケニー・バレル。





Kenny Burrell - Midnight Blue






最初は「都会的」の意味がよく分からなかった。他のギタリストを聞いていくうちに、その洗練されたフレージングやニュアンスなんかが分かるようになるんだけど・・・。


で、ここで一つ疑問が湧き上がったの。


「なんでこの人たちのサウンドはこんなにポコポコしてんだ??」


当時の俺の率直な疑問。「ポコポコ」って・・・ねぇ?もうちょっと表現のしようがあると思うけど?<マサヤ少年(表現の乏しい子)

でも本当にそう思ったんだよね(笑)




つづく


posted by MASAYA at 02:27| 東京 ☁| 使用機材、音楽観などちょっと真面目なお話 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。