2014年11月15日

誕生日をむかえて

こんにちは!MASAYAだよ!





昨日はお恥ずかしながら自分の誕生日でした。たくさんのお祝いメッセどうもありがとう!

寒い朝も寒い夜も、そんなみんなからの温かい言葉の贈り物で、とても心がキラキラピカピカに温めてもらいました。




両親や家族には本当に感謝しています。

いま、こうしてこの世に生をうけていること、ひょんなことからギターを始めたこと、バンドをやり始めたこと、何もかもが生まれていなかったら起こらなかった出来事の連続。




でね、最近考えること。





人生の目的はいまだにわからないけれど、人は何の為に生きるのでしょうか?

名誉?お金?地位?快楽?

嬉しいことや楽しいことなんてのはホンの一握りで、人生は試練やつらいことの方が多い気がします。

そこで最近思うのが、「何も考えない無の時間」というものです。

これは実は最高に幸せなときに訪れるハッピータイムで、誰にでも訪れます。



俺にとっては「音楽をしている時間」や「仲間や友達と笑いあっている時」がそれに当たります。

また、スロットをしている時なのかもしれません(笑)

読書が好きな人ならその時間がそれに当たりますし、大好きな彼氏や彼女と一緒に過ごす時間もきっとそれに当たります。



誰にでも共通なのは「睡眠という名の無」でしょうか。





無心で過ごす時間、それこそが最高の快楽であり、人間の究極の癒しなのでは?と思うのです。



人はその無の時間が多ければ多いほど肥やしになり、魅力的な人間になれる気がするんです。

もちろん、究極の無というものは外界からの影響は一切受けません。





その時間があることによって人は日常とのバランスを保てるのかもしれません。

形の無いその究極は常に光り輝いており、その人の人生を照らします。

で、一番の幸せはその時間によって「他人に感情を与えたり、何かしらの幸福や衝動を与える。」ことができたときかもしれません。






駄文で伝わりづらいので、例えるとすると



仕事が生き甲斐の人がいたとします。で、一生懸命仕事をした結果、自分はもちろん、それが世のため人のために還元される、みたいなこととか。



最高の幸せだと思うんです、それって。自分も他人も社会も照らしてくれる。

でも、それは簡単なことではなくて、目的意識や努力しなければ得られません。



そのための演習時間が人生で。

失敗も沢山するんです。

で、また這い上がって。

また追いかける。




気づけばあっという間に臨終だった。そこまでいけばそれは無の人生の究極系でしょうね。

そんな、人間の力による究極の幸せを神様は見たいのかもしれません。というのも、神様にもわからないことがあるんじゃないかな?って。

そう思ったりしているんです。




俺の知り合いで、「子供を育て食べさせていくので精一杯」といって、頑張ってる人がいます。

それもとてもとても幸福な人生だと思うんです。俺は憧れます。

愛をもってして、愛に生きる。

とてもカッコイイし、その姿は光り輝いて見えます。





えっと…右往左往してしまい、俺の文は何が言いたいのかよくわからないですね(笑)




いま、生きていること。置かれている環境、全てに感謝しています。

チェリコというものを通じて、自分やこれを読んでくれているみんなに笑顔や心の躍動を与えられたらいいな。

そう考えてた今もとても幸せな「無の時間」。




ありがとう、今日も俺は元気です。





posted by MASAYA at 12:57| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。